栄養ドリンクと風邪について

栄養ドリンクの歴史

すっぽんの栄養素を語るためには、
まず栄養ドリンクの歴史をしる必要があります。

 

栄養ドリンクの歴史は古く、
マムシを焼酎に漬け込んだ、
マムシ酒も栄養ドリンクの一つでしょう。

 

それ以外で有名なのは朝鮮人参があります。
朝鮮人参はその名のとおり、朝鮮地方や中国でとれる
ウコギ科の多年草で、一般によく食べる赤い人参とは
別の種類です。
大昔から薬草として知られていて、
栄養素としては各種サポニン群が豊富です。

 

すっぽんも昔から栄養ドリンクとして有名で、
噛み付いたら離さないイメージが強く、
パワーの塊を栄養ドリンクにふさわしいと
判断したのでしょう。
栄養としては、アミノ酸が豊富で、ビタミン、ミネラル、コラーゲンと
ほぼ完全食品と言えるでしょう。
現在ではサプリメント(杜のすっぽん黒酢)もあるので
お手軽に摂取することができます。

 

最近の栄養ドリンクではユンケルが有名ですが、
成分に人参の根やマムシの皮、ローヤルゼリーが
含まれていて、先人の知恵をうまく利用していると
言えます。

 

風邪を引いた時や、過度の運動で体力を消耗した時など、
栄養ドリンクでパワーをつけて頑張りましょう。

 

風邪をこじらせて、頭痛や腹痛に悩まされるときは、
カロナールなんかを飲んで安静にしましょう。

 

冬は夏に比べて水分不足にならないと勘違いしがちですが、
空気が乾燥している事もあり、水をたくさんとったほうが
良いです。

 

そう言う意味でも栄養ドリンクは優れています。